底地に住宅を持つとは

底地に住宅を持つメリット

トップ / 底地に住宅を持つメリット

底地に住宅を持つ事について

底地は、借地権のついた宅地の所有権を指しますので、利用するにはさまざまな制約がついている土地であるといっても過言ではありません。しかし、一方で土地が地主の所有ではあっても、その土地を借りて住宅を建て、住んでいる人がいる限り、借り手の方の権利も法律で手厚く保護されています。確かに、更地のように、土地の使用者が自由に転売することは出来ません。けれども、土地の所有者に地代さえ支払っていれば、土地の借主は安く土地を使うことが出来るのです。