不動産を上手く購入

リスクを考えて不動産購入

トップ / リスクを考えて不動産購入

不動産を購入する時のコツ

コツを掴むことにより住宅購入計画がスムーズに行きます。不動産購入には多額の資金が必要です。いきなり家を買おうと思っても資金がないと買えません。とても思いつきだけで買える物ではありません。十分な資金が必要です。まず頭金をためることです。頭金を貯めることにより、銀行からの借入額をは減らすことができます。十分なお金がたまったら、住宅探しを不動産業者に依頼します。漠然と住宅を探すのではなく、自分の希望にあった物件を明確にすることは大切なポイントです。予算や家の広さ、立地、場所です。通勤通学に便利なことや近くに病院、スーパーなどがあるか、駅までの距離や時間など周辺環境は基本的なことです。

見えないところに潜むリスク

不動産にはリスクが存在します。主なものとしては経年劣化による資産価値の減少、人口減少による地価の減少が挙げられます。経年劣化はマンションなら積み立て修繕費がありますので修繕にはどれくらいの費用が必要でありそのために月にいくら積み立てる必要があるかを、不動産鑑定士や建築士と相談のもとで、考える必要があります。人口減少による地価の減少は地域間の格差を見ると良いでしょう。具体的には東京や名古屋、大阪と言った三大都市圏とその周辺地域では人口が減少せずに横ばいか増加する傾向にあります。これより、自分の生活様式に合った土地を考えてみることがじゅうようです。